今日の英語の短縮語:「Gonna」ってどういう意味?

judge-300552_1280-300x212.jpg

"Gonna" is a short form of "going to" that is used in spoken English. Since it is mainly used in spoken English, you shouldn't use it in writing unless it's in a casual email, text message, or something along those lines. "Gonna" is one of many reductions used in spoken English, and even if you don't use it yourself, you should definitely know it if you want to understand what people are saying.

Here are some example sentences using "gonna":

He's gonna be late.

This party's gonna be expensive.

I'm not gonna have breakfast today.

It looks like it's gonna rain.

What kind of examples are you gonna think of?

 

 

“Gonna”というのは”Going to”という言葉を略したもので、主に話し英語で使われます。

友達や家族など仲の良い人々とのメールやSNSなどを除き、書き英語、特に正式な場やめーるなどでは使わないほうが良いです。

”Gonna”は話し英語で使われる多くの略語のうちの一つで、無理やり使わなくても良いですが、人々が何を言っているのか理解したいならば、覚えておいたほうが良いでしょう。

 

He's gonna be late.

彼遅れるって。

This party's gonna be expensive.

このパーティーの値段、高くなるかも…

I'm not gonna have breakfast today.

今日は朝ごはんは食べません。

It looks like it's gonna rain.

雨が降りそうだね。

What kind of examples are you gonna think of?

君が考えていることで例えばどんなことがある?

 

もっと多くのフレーズや会話、単語を知りたい方や英語を学びたいという方は、お気軽にブレインストーム英会話教室の無料体験レッスンをお試しください。お待ちしております。